リハビリを行う医療現場で働きました

5年ほど看護師としてリハビリテーションを中心に行う医療施設で働いていました。
リハビリテーション病院での仕事はとてもやりがいがあり楽しい職場でした。
もちろん患者さんが体調を崩した時の医療行為などもありますが、主に行うのはリハビリテーションを必要とする部分の介助を行うことでした。
半身麻痺や骨折をしていて十分に体を動かすことのできない患者さんに対して、食事や排泄や入浴などといった日常生活の解除を行います。
特に脳血管疾患による麻痺がある患者さんは、リハビリテーションを行いある程度回復しますが元のように戻らない場合が多くあります。
残った後遺症と上手に付き合いながら、出来る限り自立した生活を送ることができるように介助を兼ねて指導も行います。
その中で壁にぶち当たり精神的に落ち込む人もありますが、悩みを分かち合って信頼関係を築くことでやる気を取り戻し退院していく患者さんも多くいます。
退院後に自分で出来る事を増やし、絶望せずに前を向いて生きていけるようにお手伝いができとてもやりがいのある仕事でした。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.